「彩風館」のご紹介

ごあいさつ

北海道札幌北高等学校同窓会
前会長 武 内 光 一

平成18年10月27日、待ち望んでいた百周年記念会館が「彩風館」と命名されてお披露目されました。
記念館の名称は、福井爽人先生(東京藝術大学名誉教授・北高6期)が描いた百周年記念絵画「彩風の刻」に因んで、生徒からの公募によって選ばれたものです。

平成14年10月4日に挙行された記念式典を皮切りに実施されてきた百周年記念事業も、今回の「彩風館」の完成をもってフィナーレとなります。この間、同窓の皆様には本事業に対し、多大なご支援ご協力をいただきました。あらためて心から感謝とお礼を申し上げます。

「彩風館」が北高と同窓生の絆を一層強くするとともに、北高と同窓会の新たな21世紀がさらに輝かしいものとなることを祈念申し上げて、ご挨拶といたします。